何をしているか、どうするのか、どうすればもっと良くなるか。一つひとつ考え続けると閃く瞬間が訪れる

昨日は朝の道場稽古を終え帰宅後、和道流空手道連盟 三代宗家 大塚博紀 最高師範によるzoom稽古が本日最終日を迎えてしまいました。
1年の間、毎月1回宗家から和道流空手道の全ての形を学ぶことが出来、稽古への取り組みが変わり日々の稽古が益々楽しくなりました。乗る、流す、往なすを理解し、会得するため対面稽古を繰り返し、腕や脚による突きや蹴りだけでなく、棍や短刀、大刀も用いて行うことで気付くことがありました。
人生をかけて追求したいと思う和道流空手道・柔術拳法を創始して下さった初代宗家 大塚博紀 先生、ご指導して下さる三代宗家 大塚博紀 最高師範 誠にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。