和道流空手道連盟総本部道場合同稽古

今日は和道流空手道連盟総本部道場で午後2時から三代宗家 大塚博紀 最高師範にご指導頂きました。

基本から形、基本組手そして自由組手まで真の和道流を宗家に教わり直され、「そう、今の感じ、少し近づいた。」と言われると、皆益々やる気が湧き、気がついたら夜10時まで稽古していました♪

特別貴重な時間だったのは、8月末に全国大会を控えている生徒たちが出場する競技で指定されているピンアンやバッサイ、チントウ等の形について、普段道場で私が生徒たちに教えていること、その教え方について正直に話し見て頂いたことです。

最高師範は、正しい点と今すぐ改善すべき点について一つひとつ丁寧に説明と指導をして下さいました。

明日も午前中は和道流空手道連盟審判講習会が、午後は全国指導者講習会が開催されるので朝から稽古に励みます!

今日は朝から息子が通う小学校で授業を参観し、途中で抜けて朝のクラスで小学生たちと稽古してから総本部道場稽古でした。

好きなことだと疲れなんか全く感じないから不思議です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です