指導者紹介

成武護国学院 代表: 冨髙 勝久
和道流空手道連盟 和道流成武支部長
和道流空手道連盟 (称号・資格) 技術指導員
和道流空手道連盟 (段位) 五段
☆趣味: 稽古の動画編集、自主稽古用具作り、現代日本で江戸時代探しの小旅行、料理、絵画

☆好きなもの: 着物、寿司、和泉多摩川、映画鑑賞、舞台鑑賞

☆特技: 和道流空手道・柔術拳法、剣術、柔術、棒術、トンファ、サイ、櫂棒、独自の演武と舞台を融合した “武舞台” の演出(台本作り・殺陣・演技指導)

☆好きな人: 言葉遣いが綺麗な人です。柔和な人です。上手い下手問わず自分の想いを言葉にする人です。

*嫌いな人: 言葉遣いが汚い人、初対面から威圧的な人、話を訊かない人
・和道流空手道連盟認定の東京都世田谷区の支部長を務めています。
・空手道歴は36年で、段位は和道流空手道の五段位、技術指導員の称号資格を有しています。
・2000年に渡米し、3年半ユタ州ソルトレイクシティで生活しました。全国大会で準優勝しUSAナショナルチームのメンバーに選ばれ、ユタ大学のスポーツサイエンスクラスで講師を務めました。
・帰国後、2005年に日本代表に選抜されイギリスで開催された世界大会で優勝を収めました。
・現在も現役の選手として大会に出場し、2023年の和道流空手道連盟全国大会において形競技と熟練組手競技で優勝、基本組手競技で準優勝を収めました。
・2007年に成武護国学院を開設し、6ヶ所稽古場を設け16年間月曜日から日曜日まで毎日弟子たちと稽古に励んでいます。

【経歴】

1987年、国際武道院八段・範士瀬田松弘昌に師事。
1996年、大学空手道部発足。
1999年、全日本学生空手道選手権大会出場。
2000年、渡米。アメリカ合衆国空手道選手権大会出場。ユタ大学スポーツサイエンス空手道クラスのインストラクター就任。
2002年、和道流空手道連盟世界大会出場(東京)。
2003年、帰国。国際武道院八段・範士瀬田松弘昌DVD「和心八紘」出演。
2005年、和道流空手道連盟世界大会出場(ロンドン)。
2007年、子ども空手道場開設。
2009年、和道流空手道連盟国際大会出場(東京)。
2012年、平成24年度東京都空手道連盟強化選手(重量級)。
2016年、国際伝統空手道選手権大会にて、和道流三代宗家 大塚博紀最高師範と演武を披露。
2017年、武舞台『瀬田松伝』函館編を企画・上演(監督・脚本・演出・アクション指導・主演)。2022年、武舞台『The Dawn of the Future 未来の夜明け』を企画・上演(監督・脚本・演出・アクション指導・照明)。

【競技歴】

1999年、東北総合体育大会空手道組手競技個人戦第三位、全日本学生空手道選手権大会出場。
2000年、アメリカ合衆国空手道選手権大会出場(サクラメント)組手競技個人戦−75kg準優勝(USAナショナルチームメンバー)。
2002年、和道流空手道連盟世界大会出場(東京)。
2005年、和道流空手道連盟世界大会出場(ロンドン)組手競技団体戦優勝、個人戦第三位。
2009年、和道流空手道連盟国際大会出場(東京)組手競技団体戦第三位。
2012年、東京都市町村組手競技団体戦優勝。
2012年、和道流空手道連盟全国大会出場(東京)組手競技個人戦第三位。
2012年、第53回ホノルル国際空手道選手権大会出場(ホノルル)形競技個人戦第三位。
2015年、東京都民組手競技団体戦優勝。
2015年、2016年和道流空手道連盟全国大会出場(東京)形競技個人戦第三位。
2016年、国際伝統空手道選手権大会出場(カリフォルニア)。形競技個人戦和道流の部優勝。形競技個人戦オープンの部優勝。組手競技個人戦オープンの部第三位。
2016年、第57回ホノルル国際空手道選手権大会出場。形競技個人戦&組手競技個人戦優勝。最優秀選手賞獲得。
2017年、和道流空手道連盟全国大会出場(東京)形競技個人戦第三位。
2017年、第58回ホノルル国際空手道選手権大会出場。形競技個人戦&組手競技個人戦&古武道競技2種目の計4種目で優勝。MOST OUTSTANDING WINNERSに選出。

2018年、第59回ホノルル国際空手道選手権大会出場。18歳以上有段の部組手競技個人戦準優勝&35歳以上の部組手競技個人戦優勝。最優秀Fighter賞&市長杯受賞。

2023年、第59回和道流空手道連盟全国大会(東京)出場。形競技個人戦(壮年の部)優勝、基本組手競技(2人1組)準優勝、組手競技個人戦(熟練の部)第1位(但し黒メダルに該当せず)。